有料老人ホームには介護保険が使えない!?チェックすべきポイント

「老後は老人ホームに入って余生を過ごそう」「介護保険があるからなんとかなるだろう」と考えている人はいませんか?

実は有料老人ホームのすべてで介護保険が使えるわけではありません。介護保険のサービスが利用できる有料老人ホームの種類や介護保険費用、その他の高齢者施設との違いなどについてご説明します。

1.有料老人ホームは4種類

有料老人ホームは4種類

有料老人ホームには、

  1. 健康型有料老人ホーム
  2. 住宅型有料老人ホーム
  3. 介護付き有料老人ホーム(一般型)
  4. 介護付き有料老人ホーム(外部サービス利用型)

の4種類があります。

介護付き有料老人ホームは介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けている有料老人ホームが「介護付き」と名乗ることができます。

1-1.4種類の有料老人ホームの違い

4種類の老人ホームはどれも民間企業が運営しています。ただ、入居条件や提供するサービスに違いがあります。

有料老人ホームの種類 入居条件 提供するサービス
健康型 介護を必要としない人 食事
住宅型 ある程度自立している人 洗濯や掃除など生活支援サービス
介護付き(一般型) 要介護認定を受けている人
  • 生活支援サービス
  • 介護サービス
介護付き(外部サービス利用型) 生活支援サービス(介護サービスは外部の事業所を利用)

2.有料老人ホームで介護保険は使えない?

有料老人ホームで介護保険は使えない?

上記のように有料老人ホームによって受けられるサービスが異なります。特に健康型有料老人ホームは「要介護状態ではない人」が対象になっています。そのため、介護が必要になった場合は退去しなければなりません。

一方、住宅型有料老人ホームは原則自立している人が対象ですが、もし介護が必要になった場合は訪問介護や訪問看護など外部の介護サービス事業所を利用することになります。その場合は要介護の度合いに応じて介護保険の居宅介護サービスを受けます。

介護付き有料老人ホームの場合は一般型では施設内に常駐する介護スタッフから介護サービスを受けます。外部サービス利用型はその名の通り、外部の事業所のサービスを利用します。いずれも居宅介護サービスとして介護保険を利用します。

このように健康型有料老人ホーム以外は介護保険の利用が可能です。

3.有料老人ホームで受けられる介護サービス

有料老人ホームで受けられる介護サービスは自宅で受ける居宅介護サービスと同じで、

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 福祉用具貸与

があります。

また、介護付き有料老人ホームでは特定施設入居者生活介護のサービスを受けることができます。

3-1.特定施設入居者生活介護とは

介護付き有料老人ホームで提供される特定施設入居者生活介護とは入居者に対して排せつ、入浴、食事などの介護や生活支援、機能訓練などを行います。特定施設入居者生活介護も居宅介護サービスのひとつです。

4.有料老人ホームで受ける介護サービスの費用

有料老人ホームで受ける介護サービスの費用

有料老人ホームに入居している人が訪問介護など外部サービスを受ける場合は、それぞれの介護サービス費用の1割を負担します。主な介護サービスの費用は以下の通りです。なおこれらの居宅介護サービスは地域によって決められている地域単価を掛けて計算します。

4-1.訪問介護

4-1-1.要支援1・2の認定を受けた方

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
週1回程度の利用 1,168円/月
週2回程度の利用 2,335円/月
要支援2 週2回を超える程度の利用 3,704円/月

4-1-2.要介護1~5の認定を受けた方

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
身体介護 20分未満 165円/回
20分以上30分未満 245円/回
30分以上1時間未満 388円/回
1時間以上1時間半未満 564円/回
生活援助 20分以上45分未満 183円/回
45分以上 225円/回
通院時の乗車・降車等介助 97円/回

4-2.訪問看護

4-2-1.訪問看護ステーションから

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
20分未満 310円/回
30分未満 463円/回
30分以上1時間未満 814円/回
1時間以上1時間30分未満 1,117円/回
理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士による訪問の場合(20分以上) 302円/回

4-2-2.病院又は診療所から

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
20分未満 262円/回
30分未満 392円/回
30分以上1時間未満 567円/回
1時間以上1時間30分未満 835円/回

4-2-3.定期巡回・随時対応型訪問介護看護と連携

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
訪問看護費 2,935円/月

4-3.デイサービス

4-3-1.要支援1・2の認定を受けた方

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
共通的サービス 要支援1 1,647円/月
要支援2 3,377円/月
選択的サービス 運動器機能向上 225円/月
栄養改善 150円/月
口腔機能向上 150円/月
生活機能向上グループ活動 100円/月

4-3-2.要介護1~5の認定を受けた方

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
通常規模の事業者のケース(7時間以上9時間未満)※通常規模とは、1か月の平均利用延べ人数301人以上750人未満を指す 要介護1 656円/回
要介護2 775円/回
要介護3 898円/回
要介護4 1,021円/回
要介護5 1,144円/回

4-4.特定施設入居者生活介護の費用

特定施設入居者生活介護の費用は要支援や要介護の状態に応じて1日あたりの費用が決められています。

4-4-1.要支援1・2の認定を受けた方

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
要支援1 179円/回
要支援2 308円/回

4-4-2.要介護1~5の認定を受けた方

サービス費用の設定(短期利用も同額) 利用者負担(1割)
要介護1 533円/回
要介護2 597円/回
要介護3 666円/回
要介護4 730円/回
要介護5 798円/回

5.介護保険が利用できる高齢者施設

介護保険が利用できる高齢者施設は有料老人ホームだけではありません。

  • C型軽費老人ホーム(介護型ケアハウス)
  • 養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 介護老人保健施設
  • 認知症グループホーム

でも介護保険のサービスが受けられます。それぞれの特徴や受けられるサービスは以下の通りです。

施設 特徴 受けられるサービス
C型軽費老人ホーム(介護型ケアハウス)
  • 要介護5まで受け入れが可能で重度の介護状態でも住み続けられる
  • 家族との同居が困難な場合に利用
  • 入所一時金が高い施設がある
居宅介護サービス
養護老人ホーム
  • 要介護認定を受けていない人が対象だが経済的な事情や身寄りがいないなどの理由があり、入所には自治体の入所措置が必要
  • 入居費用は安い
特定施設入居者生活介護の指定を受けている養護老人ホームは外部の介護サービス事業者の介護サービスが利用できる
サービス付き高齢者向け住宅
  • バリアフリーが義務づけられ、入居者の安否確認や生活相談サービスが受けられる
  • 要介護の度合いが重くなると別の施設に移る方がいい
居宅介護サービス
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 要介護3以上が対象
  • 入居費用は安いが希望が多く待機高齢者が増えている
施設介護サービス
介護老人保健施設
  • 病院を退院して自宅に戻る前にリハビリテーションの目的で入居する
  • 3ヶ月ごとに入所継続の判定があるため長期入所には向いていない
施設介護サービス
認知症グループホーム
  • 要支援2以上で認知症の症状がある人が利用できる
  • 認知症高齢者が5名~9名で共同生活を送る
  • 日常生活の介護が受けられるが医療ケアはない
地域密着型介護サービス

これらの施設のうち、養護老人ホーム、C型軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅は一定の条件を満たせば特定施設入居者生活介護の指定が受けられ、外部の介護サービス事業者の介護サービスが利用できます。それぞれの施設の特徴や入所基準などをよく調べて利用しましょう。

まとめ

有料老人ホームには4つの種類があり、健康型以外は介護保険が利用できます。また、有料老人ホーム以外の高齢者施設でも介護保険が利用できるところがあるので、内容をよく比較して検討しましょう。

  • 有料老人ホームの中で住宅型有料老人ホームは自立している人が対象の施設だが、介護が必要になった場合は訪問介護など外部の介護サービス事業者を利用することができる
  • 介護付き有料老人ホームと表記できるのは特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設だけである
  • 介護付き有料老人ホームの一般型は施設内で介護サービスが受けられるが、外部サービス利用型は外部の介護サービス事業者と契約してサービスを受ける
  • 有料老人ホーム以外に介護型ケアハウスや特別養護老人ホームなどでも介護保険が利用できる

高齢者施設は種類が多く複雑です。それぞれの施設のメリットとデメリットをよく理解して、どこを利用するのがいいのかよく考えましょう。施設によっては入所時に高額な一時金が必要なところがあります。慎重に検討することが大切です。

入所する施設でお困りの場合は自治体の介護の相談窓口で相談してみましょう。