健康型有料老人ホームとは?利用の条件や1日の流れ、費用をチェック

健康型有料老人ホームとは?利用の条件や生活を知ろう

有料老人ホームには「健康型」「住宅型」「介護付き」の3種類があり、それぞれにサービス内容や利用者の条件が異なります。その中でも健康型有料老人ホームはその名の通り、健康な高齢者が利用できる施設です。

今回は健康型有料老人ホームの利用条件や1日の生活の流れなどについてご説明します。

1.健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームとは

有料老人ホームの種類には、

  1. 健康型
  2. 住宅型
  3. 介護付き

の3種類があります。これらの多くは民間企業が運営を行っています。

健康型有料老人ホームの「健康」とは介護を必要としない状態のことですので、要介護状態でなければ持病があっても利用は可能です。ただし、施設内には医療サービスや介護サービスがないので、要介護状態になれば退去しなければならないという特徴があります。

健康型有料老人ホームでは食事の提供があるので、ひとり暮らしをしている高齢者の人で自炊ができない場合に利用すると便利です。

一方、住宅型有料老人ホームは介護が必要な人でも入居できます。ただ、施設内に介護スタッフが常駐していないので、介護が必要な場合は外部の介護サービス(訪問介護や訪問看護、デイサービス)などを利用することになります。

また、介護付き有料老人ホームは介護スタッフが常駐している「一般型」と外部の介護サービスを利用する「外部サービス利用型」の2種類があります。「介護付き」と表示できるのは、介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設だけです。

1-1.健康型有料老人ホームの利用条件

健康型有料老人ホームを利用できるのは、

  • 要介護状態ではないこと(自立していること)
  • 身元引受人がいること
  • 入居一時金と毎月の費用が支払える人であること

の条件を満たした人が対象になります。

入居時に要介護状態でなければOKですが、入居後に介護が必要になったら退去することが条件になっています。

2.健康型有料老人ホームの数

全国の有料老人ホームの数は平成25年現在8,424件で、そのうち住宅型が5,100件で全体の60.5%を占めています。次いで介護付き有料老人ホームが多く3,308件で全体の39.3%、健康型はもっとも少なく全国で16件しかありません。定員も少なく、全国で611人となっています。
平成25年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書

出典:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「平成25年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」

2-1.都道府県別の有料老人ホームの数

公益社団法人全国有料老人ホーム協会が平成24年度に実施した調査によると、全国の都道府県別の有料老人ホームの数は下記のグラフのようになっています。

健康型有料老人ホームは設置していない都道府県が多く、住宅型有料老人ホームや介護付き有料老人ホームが大半を占めています。東京都、神奈川県、千葉県、大阪府などの大都市圏でも健康型有料老人ホームは1件もありません。
ホーム類型

出典:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「平成24年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」

3.健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームの費用の内訳は、次のようになっています。

A施設 B施設
間取り 2DK 不明
入居一時金 500万円 100万円
月額 管理費(共用施設の保守管理費、水道光熱費、事務費など) 10万円 95,000円(食費、管理費を含む)
食費 5万円

このように施設によって入居一時金も毎月の費用も異なりますが、どこも入居者1人あたりの金額なので、夫婦で入居する場合はこの2倍がかかります。なお、入居形式は終身利用権方式を採用しているところが多いようです

利用権方式とは、入居時に一時金を支払うことでその施設に住む権利と生活支援などのサービスを受ける権利が得られるというものです。終身利用権方式はその権利を終身、つまり死亡するまで所有できるということになります。

もし病気などで老人ホームを離れて病院に長期入院することになっても、入居の権利を所有しているので部屋はそのまま残されています。途中で退去する場合は入居一時金に関しては返還の対象になりますが、償却期間が設けられているケースがあります。詳しくは各施設で聞いてみましょう。

4.健康型有料老人ホームの1日の流れ

健康型有料老人ホームの1日の流れ

健康型有料老人ホームでは毎日の食事が提供されます。健康に配慮したメニューが用意されているので、配偶者が死亡して自分では調理ができないという人でも安心して生活できます。

3度の食事とおやつやお茶などは毎月の費用に含まれているので、追加料金は不要で食事をいただけます。それ以外はマンションのように自分の居室で生活ができます。施設によって多少異なりますが、自室に浴室やトイレ、洗濯機の配置スペースなどが備わっています。施設によってはミニキッチンがついているので、簡単な調理を楽しむこともできます。

他の高齢者施設のように1日の流れが決まっているわけではないので、マイペースで生活できるのが特徴です。一方で施設全体でのレクリエーションとして入居者のお誕生会やハイキングなどを実施しているところもあります。

5.健康型有料老人ホームのメリットとデメリット

健康型有料老人ホームのメリットとデメリット

健康型有料老人ホームは自分の身の回りのことができる自立した高齢者を対象にしています。食事の提供があるので、特に妻に先立たれた男性は食事の心配がなく安心して生活できます。最近増えている高齢者の孤独死を防ぐ意味でも役立つ施設だと言えるでしょう。

また、一緒に入居している高齢者やスタッフと施設内で顔を合わせるため、人との会話や交流ができます。脳の活性化や気持ちのリフレッシュ、認知症の予防などにもつながります。介護や看護のサービスはないものの、体調に異変があった場合はすぐに医療機関に連絡を取ってもらえるので、自宅でひとり暮らしを続けるよりも異常の早期発見や早期治療につながるというメリットがあります。

デメリットは介護が必要になったら退出しなければいけないという点です。その場合は他の施設に入居することになりますが、健康型有料老人ホームを運営している事業者の中にはすぐ近くに介護付き有料老人ホームを運営しているところがあります。その人にとって適切な施設を紹介してくれますし、自治体の介護相談を利用して次の行先を探すこともできます。

6.健康型有料老人ホームの選び方

有料老人ホームの所在地などは各都道府県のホームページに一覧が掲載されています。ただ、健康型有料老人ホームの数は全国的に見ても少なく、過去には「健康型」として運営していたところもその後に介護付き有料老人ホームに変更している例があります。事前に確認が必要です。

有料老人ホームを選ぶ場合は、「健康型」「住宅型」「介護付き」のそれぞれの特徴をよく理解した上で検討するようにしましょう。多くの施設では体験入居や施設見学を受け入れています。事前にいくつかの施設を見てみると、サービス内容や施設の雰囲気、費用の違いなどがよくわかります。

また、有料老人ホームに入居する際には身元引受人が必要になります。息子さんや娘さんなど身内の人ともよく相談するようにしましょう。

まとめ

健康型有料老人ホームは食事の提供が受けられる有料老人ホームです。特徴やメリット、デメリットを理解して検討することが大切です。

  • 健康型有料老人ホームは介護の必要がない自立した高齢者が入居できる有料老人ホームで、食事の提供が受けられる
  • 健康型有料老人ホームの数は全国でも16件程度で定員も少ないため、大都市圏でも設置していないところが多い
  • 健康型有料老人ホームに入居するには入居一時金と毎月の管理費や食費が必要
  • 健康型有料老人ホームに入居していても、要介護状態になったら退去しなければならない

施設そのものの数が少ないため選択できる人は限られますが、メリットもあるのでニーズに合う人は検討されるといいでしょう。

スポンサーリンク

健康型有料老人ホームとは?利用の条件や生活を知ろう