介護保険施設とは?種類と特徴、サービス費用について理解しよう

介護保険施設とは?種類と特徴、サービス費用について理解しよう

介護保険の仕組みは複雑で、利用できるサービスには在宅で受けるものや施設で受けるものなどがあります。ここでは施設サービスについて、種類や特徴、サービス内容や費用などに関して詳しく説明していきます。

1.介護保険施設とは

介護保険施設は介護保険サービスの中でも施設に入所してサービスが受けられる施設のことを言います。

1-1.介護保険の種類

まず介護保険のサービスの種類を整理しておきましょう。介護保険には「居宅サービス」「地域密着型サービス」「施設サービス」があります。それぞれの特徴は次の通りです。

サービスの種類 サービス内容
居宅サービス 訪問サービス 訪問介護 自宅に訪問して身の回りのお世話や食事、排せつなどの介護を行う
訪問看護 医師の指示に基づいて自宅で医療処置を行う
訪問入浴介護 移動式浴槽を持ち込んで自宅で入浴を行う
訪問リハビリテーション 自宅に訪問してリハビリを行う
通所サービス 通所介護 日中、通所施設に通ってサービスを受ける(デイサービス)
通所リハビリ 施設に通ってリハビリを受ける(デイケア)
短期滞在サービス 家族が家を留守にする間だけなどの短期間滞在するものでショートステイと呼ばれる(特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設、ショートステイ専門の施設など)
特定施設入居者生活介護(※1) 有料老人ホームやケアハウスなどで介護保険の適用を受けた施設に入所した場合に受けられるサービス
その他のサービス 福祉用具のレンタルや住宅改修費用の支給など
地域密着型サービス

 

訪問・通所サービス 小規模多機能型居宅介護 施設への通所または宿泊をして介護サービスを受けるほか、自宅への訪問サービスもある
夜間対応型訪問介護 夜間、定期的な訪問、緊急時の対応などを行う
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 定期巡回や随時通報への対応などを行う
認知症対応型サービス 認知症対応型施設に通所したり、グループホームに入所したりしてサービスを受ける
施設サービス 地域密着型の特定施設や介護老人福祉施設などに入所してサービスを受ける
施設サービス 入所サービス 介護老人福祉施設 長期間または期間限定で施設に入って介護や医療を受ける
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

1-2.介護保険3施設とは

このようにさまざまなサービスがある中で施設サービスと呼ばれるのは、上の表の通り介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設だけで、これを「介護保険3施設」と呼びます。なお、居宅サービスにある(※1)の特定施設入居者生活介護は介護保険の指定を受けた、

  • 有料老人ホーム
  • 軽費老人ホーム(ケアハウス)
  • 養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者向住宅

が対象で、これらも介護保険施設と呼ぶこともあります。

2.介護保険施設の特徴

では介護保険3施設のそれぞれの特徴を見てみましょう。

2-1.介護老人福祉施設の特徴

介護老人福祉施設の特徴

介護老人福祉施設は特別養護老人ホームのことで、通称「特養」と呼ばれる施設のことです。老人福祉法に基づく施設ですが、介護保険サービスを行うためには都道府県知事の指定を受ける必要があります。

また、開設は社会福祉法人または自治体(地方公共団体)に限られています。ただ、国や地方自治体では介護給付の財源が不足していることから、介護老人福祉施設の新設を制限しています。そのため、多くの高齢者の方が入所を待機している状態です。

入所対象者は65歳以上で常に介護を必要とし、居宅で介護を受けるのが困難な方です。なお、2015年からは要介護3以上という条件が設けられていますが、それ以前に入所している方は要介護3未満でも継続して入所が可能です。現在では入所希望者の中から要介護の度合いや生活状況、家族や介護者の有無、収入などを点数化して入所者の選定を行っています。

2-2.介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設は「老健」とも呼ばれる施設で、病院で治療を受けていた高齢者の方が退院はしたものの自宅での生活に不安がある場合に入所する施設で、リハビリや介護を受けることができます。長期に滞在する施設ではなく、3ヶ月ごとに退所か継続入所かの判定が行われます。

2-3.介護療養型医療施設の特徴

介護療養型医療施設の特徴

かつては「老人病院」と呼ばれていた施設で、寝たきりや重度の認知症患者など自立した生活が難しい要介護者が対象です。医療法人が運営する病院に介護保険が適用されたもので、常時医療が必要な方を対象としています。しかし、実際は医療や看護を必要としない入所者が多いため2012年に介護保険の対象外になり、以降は施設の新設は認められていません。

3.介護保険施設の設置基準

それぞれの施設には人員などの設置基準が設けられています。一覧表にしました(入所者100名の場合)。

介護老人福祉施設 介護老人保健施設 介護療養型医療施設
医師の数 入所者の健康管理と療養において必要な数 常勤1名以上(入所者の数を100名で割った数以上) 3名
介護職員 31名(入所者3名に対して1名以上) 25名(入所者3名に対して1名以上) 17名(入所者6名に対して1名以上)
看護職員 3名(入所者の数が30名以下の施設では常勤1名以上、30名以上50名未満の施設で2名以上、50名以上130名未満で3名以上など) 9名(看護職員の配置人数は看護・介護職員全体の2/7程度、介護職員の配置人数は看護・介護職員全体の5/7程度を標準とする。) 17名(入所者6名に対して1名以上)
栄養士 1名 1名 必要とされる数
薬剤師 実情に応じた数 必要に応じた数
機能訓練士 1名以上 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を常勤で入所者の数を100で割った人員 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を施設に実情に応じた数
介護支援専門員 1名以上 1名以上 1名以上
支援相談員 1名以上
生活相談員 1名
居室 原則は個室(最近は多床型やユニット型も多い) 個室、多床型、ユニット型 病室(個室、多床室)

3-1.介護保険3施設の違い

介護保険3施設の違い

この3つの施設の大きな違いをまとめると次のようになります。

3-1-1.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

老人福祉法で規定されている施設で、常に介護が必要な方が入所する「住まい」のようなイメージです。常勤の医師がおらず、医療設備もないために医療行為が万全とは言えません。

3-1-2.介護老人保健施設

老人保健法で規定されている施設で、病院を退院後、自宅に戻るまでの間リハビリなどを行います。3施設の中で唯一理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが在籍しています。

3-1-3.介護療養型医療施設

医療法に規定されている施設で、「介護が受けられる病院」と「医療が受けられる介護施設」の両方の役割があると言えます。医療が必要な高齢者が対象なので、健康になったら退所しなければなりません。

3-2. 介護保険施設の施設数と利用者数

介護老人保健施設の数と利用者数はこのグラフのように年々増加し、平成25年は10年前に比べて施設数は971、利用者数は87,000人も増えています。

介護老人保健施設数・利用者数の推移

1

出典:平成27年度介護報酬改定に向けて

介護老人保健施設は3ヶ月ごとに入所の条件を満たしているかどうかの判定を行いますが、現実には入所期間が3ヶ月を超える方が多く、全介護老人保健施設の約6割で「1年以上入所している人が定員の40%以上を占めている」という結果になっています。

2

出典:平成27年度介護報酬改定に向けて

ただ、これらの中でもリハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が多くいる施設では退所後に自宅に戻る割合が高くなっています。少しでも早く自宅に戻ろうと思うならばリハビリ専門職の数が多い施設を選ぶといいでしょう。

一方で介護療養型医療施設の数は年々減少していて、平成26年は8年前と比較すると半数近くに減っています。これは平成24年以降新設が認められていないことが影響しています。

介護療養型医療施設数の推移

3

出典:平成27年度介護報酬改定に向けて

また、介護保険施設で人生を終える「看取り」の実施件数をみずほ総研株式会社が調査したところ、もっとも多いのは医療療養病床でした。次いで介護療養病床、介護老人福祉施設、介護老人保健施設という順になっています。

100床あたり年間看取り実施人数

4

出典:平成27年度介護報酬改定に向けて

3-3.新型老健の登場

介護療養型医療施設に代わる施設として2008年からは「介護療養型老人保健施設」が新設されました。これは「新型老健」と呼ばれるもので、胃ろうや痰の吸引など医療ケアが必要な要介護者を受け入れるところです。

また、全国各地にある従来の介護療養型医療施設のすべてが新型老健に切り替わることは困難なため、2015年に「療養機能強化型の介護療養型医療施設」が認められました。医療ケア、リハビリに加えて認知症の対応やターミナルケア(終末医療)を行うなどの条件があり、医療現場では新設や移行をめぐって混乱があるようです。

今後の動向に注目しつつ、どこの施設を利用するのが最適なのかを見極める必要があります。

4.その他の施設サービス

介護保険施設は上記の3種類の施設ですが、それ以外にも施設サービスとしては居宅サービスを受ける特定施設入居者生活介護と地域密着型サービスの対象である認知症のグループホームがあります。

4-1.特定施設入居者生活介護とは

特定施設入居者生活介護というのは介護保険の指定を受けた次の4つの施設に入所している要介護者が受けられる介護サービスのことです。

  1. 有料老人ホーム
  2. 軽費老人ホーム(ケアハウス)
  3. 養護老人ホーム
  4. サービス付き高齢者向け住宅

これらは施設ですが、介護保険では居宅サービスの対象となります。例えば入浴や食事、排せつ、機能訓練、身の回りの世話などを入所している施設が提供するサービスとして受ける方法と訪問介護などの事業所が提供するサービスとして受ける方法があります。

4-2.グループホームとは

グループホームは認知症対応型共同生活介護とも呼ばれます。認知症で要介護認定を受けている高齢者が対象です。入所者5名~9名を1ユニットとして共同生活をします。介護保険では地域密着型サービスの対象です。

まとめ

介護保険施設とは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3種類があります。

  • 介護老人福祉施設は「特養」と呼ばれるもので、現在は要介護3以上が入所条件になっている。費用が安いのが特徴で、長期入所が多い
  • 介護老人保健施設は医療機関を退院後にリハビリをして家庭に戻ることを目的としている。そのため、入所は3ヶ月が目安となっている
  • 介護療養型医療施設は「老人病院」と呼ばれるように、介護も医療も必要な高齢者が利用する施設である。現在は新設はされていない

施設を利用する費用は、それぞれの施設の料金体系や入所する部屋(個室か多床室か)などによって異なります。また、受ける介護サービスによっても自己負担額が違ってきます。利用する場合はそれぞれの特徴や違いをよく理解してから検討することが大切です。

スポンサーリンク

介護保険施設とは?種類と特徴、サービス費用について理解しよう