介護の仕事のやりがいとは?介護職に向いている人・向いていない人の違い

介護の仕事のやりがいとは?介護職に向いている人・向いていない人の違い

介護の仕事は「きつい」「汚い」「給料が低い」の3Kのイメージがありますが、実際には多くの方がやりがいを感じながら仕事に取り組んでいます。

このページでは介護の仕事のやりがいと向いている人・向いていない人の違いについて探ってみます。

1.介護の仕事内容

介護の仕事内容

介護の仕事と言ってもその内容は多岐にわたります。主なものを資格別に分けると、次のようになります。

  1. 介護福祉士…介護が必要な人に食事や着替え、排せつ、入浴などのサポートをする仕事で国家資格が必要
  2. ホームヘルパー…介護が必要な人に食事や着替え、排せつ、入浴などのサポートをする仕事で厚生労働省が認定した事業者の講習(介護職員初任者研修)を受けて資格を取得する
  3. 介護支援専門員(ケアマネジャー)…要介護認定の申請手続きやケアプランの作成などをする仕事で資格取得には医療・介護系の国家資格を持ち、一定期間の実務経験が必要
  4. 社会福祉士…高齢者や障害者、生活保護などが必要な人の相談を受けて公的なサービスを紹介する仕事で国家資格だが、特に資格がなくても業務には就ける
  5. 看護師・準看護師…介護の現場で看護をする仕事で、看護師は国家資格、準看護師は都道府県知事の免許が必要
  6. PT(理学療法士)・ OT (作業療法士)・ST(言語聴覚士)…診察の補助として理学療法や機能訓練などを行う仕事で国家資格が必要
  7. 栄養士・管理栄養士…食事や栄養に関するアドバイスを行う仕事で、国家資格が必要
  8. 福祉用具専門相談員…介護が必要な人の状況に合わせて福祉用具選びをしたり、利用計画を立てたりする仕事で、都道府県知事の認定を受けた研修事業者が実施する講習を受講する必要がある

それぞれに専門の資格が必要ですが、介護の現場では特に資格がなくても働くことは可能で、勤務する事業所で研修を受けて業務に就くことができます。実際に「資格なし・未経験でも可」という介護系の求人が多くあります。

なお、介護の資格については「【介護の資格一覧】現場で有利な資格や取得の難易度を解説」にもまとめていますのでご覧ください。

2.介護の仕事のやりがい

介護の仕事は大変な面もありますが、やりがいもたくさんあります。

公益財団法人介護労働安定センターが平成27年に実施した「介護労働実態調査」で介護の仕事を選んだ理由を聞いたところ介護職に就いた人の半数以上の52.2%が「働きがいのある仕事だと思ったから」と答えています。また、「資格・技能が活かせるから」(35.8%)、「仕事や社会の役に立ちたいから」(31.8%)という答えも高くなっています。

介護の仕事を選んだ理由

出典:公益財団法人介護労働安定センター 「介護労働実態調査(平成27年度)

また、厚生労働省が実施している「介護労働実態調査」(平成27年度)で介護職に就いている人の満足度を調べたところ52.9%の人が満足していると答えています。

2-1.介護の仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

介護の仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

では実際に介護の現場で働く人は、どんなときにやりがいを感じるのでしょうか。現場の声をご紹介します。

公益社団法人全国老人保健施設協会のホームページで紹介されている介護福祉士の方の意見には、次のようなものがありました。いずれも介護福祉士として老人保健施設に勤務する方ばかりです。

家庭を持つだけの収入があり、やりがいを感じる仕事(勤続10年の男性)

介護の仕事は3K(臭い・汚い・給料安い)と言われているけれど、実際には世間のイメージほど大変ではないですよ。自分は3Kではなく3LDK(LはLOVE、LIFE、DKは大好き介護)じゃないかなと感じます。確かに大変な場面もありますけれど、「ありがとう」って言われたらそれだけで報われますよね。

それに給料が低いというイメージがあるそうですが、決してそんなことはありません。実際に自分は家庭を持って子どもを3人育てていますが、家族を養うだけの収入や子どもと過ごす時間もありますから。

人と関わることでやりがいを感じられる仕事だと思います。

キャリアアップして自分自身が成長できる(勤続5年の女性)

ヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)でスタートしました。現場では常に一人ひとりに合ったケアを心がけています。ケアをする中で利用者の方がそれまではできなかったことができるようになったとか、歩けるようになったといった場面を見るときにやりがいを感じます。

就職する前は世間の介護職に対しるイメージが気になっていましたが、実際に働いてみるとイメージとは全然違っていて毎日の仕事が楽しいです。

仕事を通して「もっとこんなことをしてあげれば…」という思いで介護福祉士の資格を取り、今は鍼灸の学校にも通っています。自分で目標を持ってキャリアアップできる点もこの仕事のいいところかなと思います。

医療職と介護職がチームを組んで働ける(介護福祉士の女性)

利用者がもう一度自宅に帰って生活できるように医師や看護師、リハビリ医師など多くの職種のスタッフがチームを組んで働けるのが素晴らしいと思います。

入所された高齢者の方が最初は元気がなく自分で体を動かせない状態でも、ケアを続けるうちに次第に元気になり、笑顔が見られるようになるときがやりがいを感じます。

特に介護施設では医師など医療従事者よりも介護従事者の役割の方が大きいため、自分の意見も平等にくみ取ってもらえるのはやりがいにつながっています。また、高齢者の方の命を預かれる仕事だと痛感するので、その点も大切な仕事だなと感じています。

このように世間の3Kというイメージはなく、やりがいや喜びを感じながら仕事をしている人が多いことがわかります。

3.介護の仕事に向いている人

介護の仕事に向いている人

介護福祉士の方の体験談にもあったように、「人と関わるのが好きな人」は介護の仕事に向いていると言えます。介護が必要な方は症状や性格がさまざまで、画一的な接し方では対応できません。そんなときでも柔軟に対応できる柔軟性も必要です。

また、高齢者は何をするにも動作がゆっくりです。身体が思うように動かせないこともありますが、相手の気持ちに寄り添ってゆっくりとしたペースで接する根気よさや思いやりも必要でしょう。

一方で体力を使う仕事なので、健康なことも向いている条件のひとつになります。

4.介護の仕事に向いていない人

本人に介護の仕事をやりたいという気持ちがあれば、それで第一関門はクリアです。

ただ、やはり人と接することが多い仕事なので、協調性がない人や人(特に利用者やその家族)と関わるのが苦手という人は向いていないと言えるかも知れません。仕事内容も単独で行うよりチームでの作業が多いためチームワークも求められます。

ただ、介護の仕事には現場で直接ケアする仕事だけでなく介護用品を開発したり、栄養士としてメニューを考えたりといった仕事もあります。自分が関われる分野を探してみましょう。

また、介護の現場では腰痛など身体に負担をかける作業が多くあります。布団のシーツを交換したり、入浴やトイレの介助をしたりといった場面で身体を壊さないように注意が必要です。

今後は介護ロボットの導入などで介護職の人の負担が軽減されるのではないかと考えられます。身体に負担のかからないケアを考えると同時に、最新機器の導入に期待しましょう。

まとめ

介護職の現場は世間が言われるほど「きつい」「汚い」といったイメージはありません。むしろ、多くの方がやりがいを持って仕事に取り組んでいます。

  • 加齢や病気で身体機能が低下している高齢者の方が適切なケアをする中で機能が回復する様子を見るときにやりがいを感じる
  • 介護の仕事は奥が深いため、今持っている資格だけでなくもっと幅広く学びたいという向上心を持って仕事に取り組める
  • 介護と医療が協力して利用者さんのケアにあたることで、「人の役に立っている」と実感できる

このようにさまざまな場面でやりがいを感じています。今後はますます介護職の力が求められます。少しでも関心がある方は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。